2020.06.12

Timing/タイミング

Timing/タイミング

In life, sometimes timing is very important.

last week I was taught about an often-used Japanese expression, P.T.O. It stands for Place, Time and Opportunity. It is taught since elementary school, and reflects the Japanese culture and discipline.

The idea behind it is knowing how to act, react and adjust depending on where we are and what the situation is.

There is a time and place for everything, there times when we have to talk and some times it is better to remain quiet. Sometimes even if we have good intentions, if the timing is wrong, we could be misunderstood and cause trouble. Even though saying the truth should always be said, sometimes not saying anything is better. But it is tricky because we have to be aware of the fine line and use common sense to not cause harm and lies too.

In the place of work, it is very important, especially in the medical field. We have to uplift and cheer patients up, so we have to watch our actions and words, and chose carefully what we do or say.

Good timing can solve or avoid issues, and bad timing can easily create them.


人生ではタイミングがとても大切な時があります。

先週、よく使われる日本語の表現、P.T.O.について教えてもらいました。これは場所(Place)、時間(Time)、場合(Opportunity)という意味で、小学校から教えられていて、日本の文化や規律を反映しています。

これは「今いる場所や状況に応じて、適切に振る舞う」という考え方です。

何事にも時と場所があり、話さなければならない時もあれば、静かにしていた方が良い時もあります。時には我々は善意を持っている場合でも、タイミングが悪い場合、我々は誤解される可能性があり、トラブルを引き起こす可能性があります。本当のことを言うべきだと思っていても、何も言わない方がいいこともあります。しかし、私たちは迷惑をかけるとか、噓をついたらダメという常識を持っている為にそのタイミングに合わせるのが難しいです。

仕事の場では、特に医療の現場ではとても大切なことです。患者さんを元気づけたり、元気づけたりしなければならないので、自分の行動や言葉に気をつけて、慎重に行動や言葉を選ばなければなりません。

タイミングが良ければ問題を解決したり回避したりすることができますし、タイミングが悪ければ問題が生まれやすくなります。

Patrice
Patrice Gomis

セネガル出身。
アメリカ、アリゾナ州にて
10年間の看護助手勤務を経て、日本に来日。
現在日本語学校で日本語の勉強をしつつ
シンカナースにて看護助手業務(病棟助手)に従事。
趣味:バスケットボール

Patrice's OTHER EPISODE